活動ブログ

50年前と50年後・・・。

2011年 8月 5日

いつもありがとうございます

 


人口減少・・・。一口に言ってもあまりイメージがわかない。

右肩上がりに人口が増え、高度経済成長という時代の始まりは

おおよそ昭和30年ごろ。

ちょうど、今から約50年前になる。

その時代の日本の人口がおおよそ9,000万人。

高度経済成長はピークをとうに過ぎ、少子高齢化、人口減少はどんどん進み、

世の中の仕組みが、また大きく変わりはじめた今、大震災が起きた。

 

今から約50年後。

人口は、おおよそ9,000万人であるだろうと予想されている。

 

さて、みなさん。

今から50年後。9,000万人になったわれわれの社会は

一体どんな様子なのでしょうか。

たった50年単位で、激変する社会の中に生きていることさえ

あまり実感がわかない方も多いでしょう。

ぜひ一度、想像してみてください。

人口が減るということは、世の中の仕組みも暮らしも

変わっていくということ。

 

吉田一平もずっと考えています。

子どもたちの未来のために、今できることは何だろうか。

一人より、ふたり。できるだけ多くの仲間がいたら

智恵もたくさん出てくるはず。

みなさんにのご意見も聞かせてください。

よろしくお願いします。

 

事務局

 

  • トップページ
  • ごあいさつ
  • プロフィール
  • 長久手方式
  • フラッグ
  • 一平さんものがたり
  • 活動ブログ

  • 希望のうた
  • 応援団
    • 市長の部屋 長久手市ホームページ「市長の部屋」へのリンクはコチラから